ロイヤル・オペラ

運命の力

La forza del destino

※上映時間について、公開日が近づきましたら
上映劇場へ直接お問い合わせ下さい。

北海道 ディノスシネマズ札幌 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
宮城 フォーラム仙台 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
東京 TOHOシネマズ日比谷 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
東京 イオンシネマ シアタス調布 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
京都 イオンシネマ京都桂川 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
大阪 大阪ステーションシティシネマ 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
兵庫 TOHOシネマズ西宮OS 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
福岡 中洲大洋映画劇場 2019/5/24(金)~2019/5/30(木)
  • 【作曲】ジュゼッペ・ヴェルディ
  • 【演出】クリストフ・ロイ
  • 【指揮】アントニオ・パッパーノ
  • 【出演】アンナ・ネトレプコ(レオノーラ)
    ヨナス・カウフマン(ドン・アルヴァーロ)
    ルドヴィク・テジエ(ドン・カルロ)

これ以上はありえない豪華キャスト!!ロンドンで熱狂を巻き起こしたネトレプコとカウフマンの《運命の力》が登場!

3月21日の初日、英国ロイヤル・オペラのロビーは異様な熱気に包まれていた。今やキャリアの頂点にあるオペラ界の2大スター、ソプラノのアンナ・ネトレプコとテノールのヨナス・カウフマンがヴェルディの《運命の力》で共演するのだ。ロンドンで二人が一緒に歌うのは11年前の《椿姫》以来。一人でもソールド・アウト必至のスターが、最高の演目で共演とあって、チケットの争奪戦は熾烈を極めた。そして初日の幕が開き、「この公演の実現はありえない幸運」「スター達の輝かしい声」などの絶賛の声が相次いでいる。

ヴェルディの《運命の力》は1862年にロシア、サンクトペテルブルクの帝室歌劇場で初演された。現行版の初演は1869年ミラノ・スカラ座。ロシアからの依頼を受け、ヴェルディが自分の望む題材で書いたオペラだ。美しい旋律で有名な序曲から始まり、過酷な〈運命〉に翻弄される主人公たちのドラマが息をもつかせぬ展開となる。18世紀スペインを舞台にした、貴族の娘レオノーラとインカ帝国の血を引くドン・アルヴァーロの悲恋物語だ。ネトレプコが情感豊かに愛ゆえに苦悩するヒロインを歌い、カウフマンはドン・アルヴァーロの暗い情熱を体当たりで演じる。敵役であるレオノーラの兄ドン・カルロに最高のバリトン歌手ルドヴィク・テジエ、僧院長にはフェルッチョ・フルラネットを迎え、ロイヤル・オペラの音楽監督パッパーノの指揮というこれ以上ない布陣だ。演出はクリストフ・ロイ。映像を巧みに使い、モダンな切り口ながら敬虔な精神性を損なわない舞台が評価された。

〈あらすじ〉
18世紀中葉のスペインとイタリア。貴族の名家に生まれたレオノーラはインカ帝国の血を引くドン・アルヴァーロと恋仲だが、二人が駆け落ちしようとした夜にレオノーラの父侯爵に計画が発覚し、ドン・アルヴァーロが攻撃する意図がないことを示すために床に投げた銃が暴発して侯爵の命を奪ってしまう。恋人達は離れ離れに。親の仇であるドン・アルヴァーロを執念深く追うレオノーラの兄ドン・カルロ。レオノーラは修道院の扉を叩き、山中の庵に身を隠して一人で神に祈る生活を選ぶ。運命は最後に愛し合う二人をもう一度めぐり合わせてくれるのだが…