ニュース一覧

最終章も目隠しされて赤い部屋へ…!幸せな結婚したって、刺激は必要。更なる愛の深淵を予感させる本編抜粋映像到着!

2475_d088_00070r

この度、仕事から帰宅したアナを、上半身裸で迎えたクリスチャンが即“赤い部屋”へと連行する刺激的な本編抜粋映像が到着致しました!

アナとクリスチャンの特異な恋愛模様を過激な表現で描いてきた『フィフティ』シリーズ。その最終章となる本作では、数々の苦難を乗り越え結ばれたアナとクリスチャンの幸せいっぱいな結婚生活が描かれますが、その一方で『フィフティ』シリーズでこそ味わえる2人の歪んだ愛情表現も健在!映像冒頭、仕事から帰宅し、靴を脱いでリラックスモードに入るアナを、すでに準備万端の上裸で出迎えるクリスチャン。アナが「怒ってる?」と問いかけるようにクリスチャンとの間に些細なすれ違いがある様子ながら、言葉少なに優しく目隠しをつけるクリスチャンがアナを案内する先は、シリーズお馴染みのプレイルーム、つまり“赤い部屋”…!やっぱりこの2人が互いの愛情を確認する場所はこの部屋しかないとばかりに向かう、シリーズ最終章の“赤い部屋”では、いったいどんなお仕置きがアナを待ち受けているのか…。

fsf_sub-3

本作では、かなり刺激的であるものの、いかにも夫婦らしい新婚生活を送っている2人の前に、前作でアナを執拗に狙い2人の仲を引き裂こうとしたアナの元上司ジャック(エリック・ジョンソン)がまたもや姿を現すようで、ますます彼らの行く末に目が離せなくなるはず!“赤い部屋”でますます2人だけの愛情を深めながら、襲い掛かる困難に立ち向かい、アナとクリスチャンが下す「最後」の決断を是非劇場で見届けてください!

fsf_sub-2

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【第43回トロント国際映画祭記者会見レポート】『ファースト・マン』★9月12日は宇宙の日★デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリングら登壇!アームストロング息子兄弟も大絶賛!

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

本日9月12日は、宇宙の日!!!日本にとって記念すべき日本時間9月12日に、カナダのトロント国際映画祭で、人類で初めて月面へ着陸を果たしたアポロ11号計画をニール・アームストロングの目線で描いた『ファースト・マン』の映画祭公式記者会見が実施されました。(現地時間:9月11日)

記者会見に登壇したのは、前作『ラ・ラ・ランド』で一昨年のトロント国際映画祭の観客賞を受賞し、最新作が注目されるデイミアン・チャゼル監督、主演ライアン・ゴズリング、クレア・フォイほか出演者。さらにニール・アームストロングの息子兄弟も参加し終始和やかなムードで行われました。

%e3%82%b5%e3%83%96

デイミアン・チャゼル監督が描いた最新作のテーマが明らかに!
主演ライアン・ゴズリングは演じた役の重要性語る
アームストロングの真実の姿と宇宙シーンの撮影における徹底的なリサーチとリアリティの追求!
アームストロング息子兄弟、原作者ジェイムズ・R・ハンセンも本作を大絶賛!

ec1_2535

チャゼル監督は製作のきっかけとして「『ファースト・マン』は『セッション』に続き同様のテーマで目標や野望を達成するために払う犠牲について探求する良い機会になると考えていた。」が、進めるうちに「アームストロングは今まで描いたそのような役柄と比べ、単なる野望にとどまらずたえず彼方にある何かを見たいという欲求があった。そんな彼が、歴史上あの期間に起きていた宇宙戦争のなかで、少年の頃から抱いた飛行への情熱であったり、その何かを見たいという欲求を、自身の任務を通して昇華させたという点に興味を引かれ、何とかして映画化したいという想いに突き動かされた」と語りました。

ec1_2634

監督から直々に本作の主演のオファーを受けたというライアン・ゴズリングは「監督から神話のように語られるアームストロングの真実の姿を描きたかったと聞き、責任重大だと感じた」と答えた。月面着陸シーンで演じることの重要性については「英雄的な瞬間を自分のことでなく、森羅万象に関わることとして名言を残した彼を理解すること、そしてその過程に携われたことは大変光栄なことだった」と語りました。

ec1_2573

また妻のジャネットを演じたクレア・フォイは、アームストロングの人間性や、傍で支える妻の姿にスポットが当たった本作の脚本にとても感銘を受けたようで「本作の素晴らしい点は、月に行く男たちの人間性という、誰も重要視せず、興味も持たなかった面に光を当てたこと。彼らには私生活があり、(月に行くにあたって)妻や子どもと口論をしたことなど、誰も気にかけなかった。今回は脚本を読んで、“是非出演させてほしい”と思いました」とコメントしました。

ec1_2907

会見には、アームストロング本人の息子であるリック・アームストロングとマーク・アームストロングも登壇!マークは「本作は真実に忠実であることを物語っている。すでに4、5回観ているが、昨晩も観てまた泣いてしまった。映画の内容および出演者たちの演技が、いかに真に迫っているかを物語っている作品だと思います。」と本作に賞賛を贈りました。ライアン・ゴズリングによると「息子ら家族は撮影に協力と支援を惜しまず、宇宙シーンの撮影には実際のアポロ計画の宇宙飛行士ら、そしてセットには原作者のジェイムズ・R・ハンセンが常駐した」とのことで、「皆さんがニールとジャネット、そして彼らの功績をとても大切にされていて、事実と異なる描写がされないようにあらん限りの情報を提供したいと思ってくださっていることを強く感じた」と当時を知る協力者たちに感謝を捧げました。

ec1_2686ec1_2414

アームストロングを演じるのは『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞ライアン・ゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。監督は最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務めます。

ec1_2279

史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在の宇宙飛行士、アポロ11号船長ニール・アームストロング。全人類の夢であり未来を切り開いた偉業のすべてを、賞レース常連の実力派監督、脚本家、俳優らが集結し当時の記録に基づく綿密な研究と持ち前の手腕によって圧巻のリアリティと臨場感たっぷりに描かれます。本作は第75回ベネチア国際映画祭オープニング上映作品に選出され、上映後にはスタンディングオベーションが巻き起こり、主演ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声が上がりました。トロント国際映画祭ではガラ・プレゼンテーション部門に選出。公式上映はIMAXスクリーンの劇場で行われ、視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。海外の映画評論家からますますの高評価が集まっています。

本作は、今後釜山国際映画祭、ハンプトンズ国際映画祭にも出品が決まっており、本年度の賞レースが期待されます。第43回トロント国際映画祭の授賞式は現地時間9月16日(日)に行われます。日本では、2019年2月に全国公開。

==================

【映画『ファースト・マン』 第43回トロント国際映画祭 概要】
■参加者(敬称略):デイミアン・チャゼル(監督)、ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、カイル・チャンドラー、コリー・ストール、パトリック・フュジット、オリビア・ハミルトン、リック・アームストロング/マーク・アームストロング(ニール・アームストロング息子)
■公式会見:9月11日(水)10:30頃~ TIFF Bell Lightbox ※現地時間

【第43回トロント国際映画祭 授賞式】
9月16日(日)午後12:30頃~(日本時間=9月17日(月)午前1:30頃~)
※キャスト・スタッフの参加は調整中

==================

第43回トロント国際映画祭 開催期間:9月9日~9月16日(現地時間)
ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭に次ぐ規模の来場者数を誇る北米最大の映画祭。
審査員が賞を決めるコンペティション部門を持たず、すべての上映作品の中から一般の観客の投票で決まる「観客賞」が最高の賞となる。
受賞結果は、現地時間16日に授賞式で発表される。
一昨年、デイミアン・チャゼル監督が手掛けた前作『ラ・ラ・ランド』では最高賞の「観客賞」を受賞。
その後の賞レースを席巻するきっかけとなっただけに、最新作がどのように賞に絡んでいくのか注目が集まっている。

=====================

『ファースト・マン』公式サイト
『ファースト・マン』公式Twitter
『ファースト・マン』公式Facebook

『スカイスクレイパー』「フォト・ブース」イベント中止に関するお知らせ

この度発生しました、北海道地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますと共に一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

弊社では、9月22日(土)~23日(日)に映画『スカイスクレイパー』「フォト・ブース」イベントをイオンモール札幌発寒にて開催を予定しておりましたが、電力供給の不足をはじめ、他インフラ、流通が未だに通常復旧されておらず、また、北海道民、皆様のご心情、安全を第一に考え中止とさせて頂く事と致しました。

楽しみにされていた皆様には、誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファースト・マン』第75回ベネチア国際映画祭、開幕!ワールドプレミアでオープニングを華やかに飾る!デイミアン・チャゼル、ライアン・ゴズリングら登場

この度、本作が第75回ベネチア国際映画祭のオープニング上映作品に選ばれ、主演ライアン・ゴズリング、ヒロインのクレア・フォイ、ジェイソン・クラーク、オリヴィア・ハミルトンといった個性光る演技派俳優らとアカデミー賞監督のデイミアン・チャゼル、同賞受賞の脚本ジョシュ・シンガーら豪華キャストと制作陣がベネチアに集結!映画祭の初日を華々しく飾るワールドプレミアが開催され、映画祭公式記者会見にも参加。全世界から注目を浴びる『ファースト・マン』の作品に込めたそれぞれの想いが語られました。

映画祭公式会見には、前作『ラ・ラ・ランド』で同年のアカデミー賞を席巻したデイミアン・チャゼル監督最新作ということもあり、会場には250人のキャパシティが満席になるほどのマスコミ陣が殺到!大きな歓声とフラッシュの嵐に歓迎されながら、メガホンを取ったチャゼル監督、ニール・アームストロングを演じたライアン・ゴズリング、アームストロングを支える妻ジャネットを演じたクレア・フォイ、アームストロングとともにアポロ計画に参加する友人で宇宙飛行士エド・ホワイトを演じたジェイソン・クラーク、ジェイソンの妻パットを演じたオリヴィア・ハミルトン、脚本のジョシュ・シンガーが登壇し、大勢の海外メディアからの溢れんばかりの質問に丁寧に答えました。

人類初となる月面着陸を成し遂げたアポロ11号船長、ニール・アームストロングをテーマに本作を製作したことについて「月面着陸を象徴的な画像や断片的な映像でしか知らない世代としては簡単にできたことだと感じてしまうが、実際はそうでなく、実現までの道のりを段階的に描きたかった」とチャゼル監督は語り、アームストロングを演じたライアン・ゴズリングは役作りについて「彼の息子たちや妻だったジャネットなど家族や幼なじみまで会い、飛行機の操縦法を身につける訓練もした。アームストロングはテストパイロット時代、その時点で開発中のテスト機に乗り込み、知識を向上させるために命がけでテスト飛行に臨むことができるような特殊な人で、自分(ライアン)には到底できない、その違いを認識することが役作りにおいて重要だった」とも語りました。

チャゼル監督は、よくある美しくロマンチックな宇宙映画とは全く異なる本作について「博物館で宇宙船の実物を観て、宇宙計画の文献や映像などからは感じられない、恐ろしくよく成功したなというリアルな想いを大切にしたかった」とチャゼル監督ならではの視点が語られました。本作ではアームストロングは偉業を成し遂げた“ヒーロー”でなく、家族を通して性格や心情が描かれ、脚本ジョシュ・シンガーは「アームストロングをよく知る元NASA長官マイク・グリフィンから『象徴的な物語でなく人間的な物語にするなら協力を惜しまない』と言われ、それはこの会見に臨む我々全員の目標だった」、アームストロングの妻、ジャネット役を演じたクレア・フォイは「アームストロングの子供たちにとって両親たちがどのように映っていたかを尊重した」と語りました。今までの作品で音楽・音響に注目されてきたチャゼル監督は「月面探査時にヘルメットを通し、聞こえるライアンの呼吸音のシーンは実際にアポロ16号で月面探索したジョン・ヤング宇宙飛行士のヘルメットを使用した」というこだわりの製作エピソードも明かしました。

firstman_venice75_redcarpet_114
firstman_venice75_redcarpet_108

映画祭公式会見の後、ワールドプレミアが開催され、レッドカーペットには華やかにドレスアップしたキャストと制作陣が登場。錚々たるスタッフ・キャスト面々を一目見ようと、大勢の観客とマスコミが詰めかけたベネチア国際映画祭のレッドカーペット会場。期待と興奮で熱気が高まるなか、ライアン・ゴズリングはさわやかな白のジャケット、クレアは映画祭開催国が輩出したハイブランドのバレンチノのドレス、ジェイソン・クラークは黒のタキシードで登場しました。

photo-aug-29-6-50-06-pm

デイミアン・チャゼル監督は、自身の妻であり、本作にも出演しているオリヴィア・ハミルトンとともに仲むつまじく撮影に応じました。メディアや観客からは「ライアンコール」が沸き起こるなど、ファンやマスコミの熱狂的な呼びかけに気軽にサインや撮影に応じました。

photo-aug-29-5-56-56-pm
firstman_venice75_redcarpet_150

ワールドプレミアでは全世界初のお披露目となり、現在も絶賛のレビューが増える中、Rotten Tomatoでも92%フレッシュ(8月30日現在)を獲得しています。

監督、脚本、出演俳優らそれぞれによる綿密な研究を元にリアリティが追求され製作された本作。史上最も危険なミッションに人生を捧げ、命がけで成功へ導いたアームストロングの人生と月面着陸計画が臨場感たっぷりに壮大なスケールで描かれます。原作は、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファーストマン」。アームストロングには、『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞ライアン・ゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じ、監督は最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務めます。

この後、トロント国際映画祭にも出品が決まっており、本年度の賞レースが期待される本作。日本では、2019年2月に全国公開されます。

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

=====================

【映画『ファースト・マン』 第75回ベネチア国際映画祭 概要】
参加者(敬称略) デイミアン・チャゼル、ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、ジェイソン・クラーク、オリヴィア・ハミルトン他
実施日=8月29日(水)

■公式会見:8月29日(水)14:30頃~ Excelsior Hotel
■公式上映(ワールドプレミア):8月29日(水)19:00頃~ SALA GRANDE
※すべて現地時間

=====================

【第75回ベネチア国際映画祭 開催期間:8月29日~9月8日(現地時間)】
カンヌ、ベルリンと並ぶ世界三大国際映画祭の一つであり、国際映画祭の中でも最長最古の歴史を誇る。
今年のコンペ部門審査員長にはギレルモ・デル・トロ監督が就任。アート性の高い作品の受賞が多い特徴を持つ。
本映画祭のコンペティション部門では『ファースト・マン』を含む数々の作品の中から最高賞「金獅子賞」を競い、現地時間8日の授賞式で発表されます。デイミアン・チャゼル監督が手掛けた前作『ラ・ラ・ランド』では、
第73回ベネチア国際映画祭にてエマ・ストーンが最優秀主演女優賞を受賞。
その後の賞レースを席巻するきっかけとなっただけに、最新作がどのように賞に絡んでいくのか注目が集まっている。

=====================

『ファースト・マン』公式サイト
『ファースト・マン』公式Twitter
『ファースト・マン』公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変なおっさんがスパイ?時代遅れが世界を救う!“Mr.ビーン”のローワン・アトキンソン主演最新作 『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』が11/9(花金)日本公開決定!ポスター&特報解禁!!

GO_poster_fix2

“Mr.ビーン”のローワン・アトキンソン主演最新作『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』が、11月9日(花金)より全国ロードショーされることが決定しました!また、公開に先駆けて、ポスタービジュアル&特報映像も解禁となりました!

ジェームズ・ボンドと同じく、イギリスのスパイなのにコードネーム(007)は特になし、イーサン・ハントと異なり、どんな作戦(ミッション)も全て不可能(インポッシブル)にしてしまう、恐れを知らない&危険を知らない&そして何にも分かっていない“天災的スパイ”が6年ぶりに帰ってきた!

主人公ジョニー・イングリッシュを演じるのは、“Mr.ビーン”として日本でも大ブレイクした、イギリスを代表するコメディアン、ローワン・アトキンソン。ひねりの効いたジョーク&体を張ったギャグなど、愛すべき“時代遅れ”“変なおっさん”というキャラクターが生み出すベタな笑いは本作でも健在。また、謎の女オフィーリアに『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ、イギリスの首相に『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・トンプソンなど、無駄に豪華過ぎる女優陣が脇を固めている。

本国イギリスを始め、世界各国で初登場No.1 大ヒットを記録した『ジョニー・イングリッシュ』シリーズ。お約束のディテール&様々なパロディ満載で贈る、抱腹絶倒のスパイ・アクション・コメディ最新作が、遂に日本上陸!

監督:デヴィッド・カー
出演:ローワン・アトキンソン、ベン・ミラー、オルガ・キュリレンコ、ジェイク・レイシー、エマ・トンプソン

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』公式サイト

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』公式Twitter

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』公式Facebook

ⓒ2018 UNIVERSAL STUDIOS

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『フィフティ・シェイズ・フリード』10月5日(金)日本公開!!全世界の女性が本作の最終章に悶絶!二人だけの究極の結末へ突き進む特報解禁!

%e2%98%85web%e5%88%9d%e6%8f%90%e4%be%9b%e2%98%85fsf_b5_omote_ol

全世界での原作累計発行部数1億冊以上、巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのグレイ(ジェイミー・ドーナン)と、彼に会うまで恋さえも知らなかった純粋なアナ(ダコタ・ジョンソン)の、特異な恋愛模様を過激な描写で描き、世界中の女性を虜にしたELジェイムズのデビュー小説であり、世界中で空前の社会現象を巻き起こした「フィフティ・シェイズ」シリーズ。その最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』が北米を含む世界54地域で初登場1位を記録し、全世界シリーズ累計興収は13億1900万ドル(約1500億円=1ドル113円換算)という大記録を引っ提げ、満を持して日本に上陸!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は全世界興収5億7000万ドル(約640億円)以上を記録。2作目の『フィフティ・シェイズ・ダーカー』予告編は、初登場24時間以内で1億1400万回の驚異の再生回数を記録、全世界の女性がこれほどまでに待望するシリーズの最終章である本作は、様々な困難をくぐり抜けたクリスチャンとアナが、遂に夫婦として結ばれ、贅沢な新婚生活を満喫するおとぎ話のような日々から始まる。今回は、そんな2人の幸せを危険にさらす新たな脅威が姿を現すのだった。前作に続いてクリスチャンの母親であるDr.グレース・トレヴェリアン・グレイを演じるのは、アカデミー賞®女優マーシャ・ゲイ・ハーデン。その他、クリスチャンの妹ミア役のリタ・オラなど、本シリーズのファンにはたまらない配役となっている。

この度、全世界の女性が悶絶する最終章、待望の特報が完成いたしました!

純白のベールから心底幸せそうな笑顔を見せるアナと「終生君を愛する」と宣言するグレイ、幾多の愛憎劇を乗り越えて掴んだ二人の夢のような新婚生活で幕を開け、「フィフティ・シェイズ」シリーズになくてはならない官能世界の過激さは勿論、その幸せにまたもや危険な影が入り込み、最終章に相応しい衝撃の展開が繰り広げられることが窺える特報映像。前作に引き続きメガホンを取ったジェームズ・フォーリー監督がシリーズ2作目と3作目を同時に撮影していくという珍しい手法を採り入れたこと、さらにコピーに踊る”何者にも侵されないクライマックス”を迎えようとする二人の刺激的なポスタービジュアルからも、一貫して確立されたゴージャズ&ファビュラスな世界観をそのままに、より強く美しくなったアナと、より優しく魅力的に成長したグレイの濃密な関係をいっそう深く描き出されていることが垣間見られます。

原作者E L ジェイムズ「この映画を作ったのはファンのためよ。ファンのおかげで小説を出版できたし、期待を裏切られた時のファンの気持ちもよく分かる。だから、私にとってはファンをハッピーにすることが全てだったの」とコメントを寄せており、「フィフティ・シェイズ」に魅了され続ける世界中のファンが悦ぶ最終章、まさに史上最高の官能的で甘美なラブストーリーの完結編をお見逃しなく!

========================

【『フィフティ・シェイズ・フリード』公式サイト

【『フィフティ・シェイズ・フリード』公式Twitter

【『フィフティ・シェイズ・フリード』公式Facebook

【『フィフティ・シェイズ・フリード』公式Instagram

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ルイスと不思議の時計』10月、日本公開決定!本予告&本ポスタービジュアル到着!!

LFT_MAIN_0724+

スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化する、『The House with a Clock in Its Walls(原題)』が、『ルイスと不思議の時計』として、2018年10月に日本公開することが決定!!併せて、本作の本予告映像&本ポスタービジュアルを解禁しました!

両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める−。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。果たして、二人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?
主人公ルイスの声を務めるのは、人気声優の高山みなみ!高山さんが吹替えるルイスが、ナレーションを務める本映像。二人の魔法使いと少年ルイスの活躍や、めくるめく魔法の世界に期待高まること必至!

ポンコツ魔法使いジョナサンおじさんを演じるのは、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラック。魔女のツィマーマンはアカデミー賞に2度輝いたケイト・ブランシェットが演じます。監督を務めるのは、鬼才イーライ・ロス。

この秋、スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが贈る、マジックファンタジーに是非ご期待ください!

『ルイスと不思議の時計』公式サイト

『ルイスと不思議の時計』公式Twitter

『ルイスと不思議の時計』公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファースト・マン』<アカデミー賞 前哨戦>2つの主要映画祭に出品!第43回トロント国際映画祭 ガラプレゼンテーション部門で上映決定!

2493_tp_00021r-1

この度、『ファースト・マン』が第43回トロント国際映画祭 ガラプレゼンテーション部門(Gala Presentations)に出品されることが決定致しました!!!

トロント国際映画祭は、北米最大規模であることからハリウッド作品を含めたエンターテインメント性の高い作品が出品されることが多く世界最大の映画市場を担うとも言われ、ベネチア国際映画祭と共に、その年の賞レースおよびオスカーを占う映画祭として注目を集める。過去には『スリー・ビルボード』(18)、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(14)、『世界にひとつのプレイブック』(13)などオスカーを賑わせた作品の数々が選出されました。

デイミアン・チャゼル監督の作品がトロント国際映画祭へ正式出品されるのは本作が2度目。同様に『ラ・ラ・ランド』(17)では、観客の投票による最高賞である観客賞を受賞し、その年の数々の映画賞を席巻、アカデミー賞では過去最多タイでノミネートされ、自身は最年少でアカデミー賞監督賞を受賞。最新作『ファースト・マン』は既に早くもアカデミー賞大本命と全世界から注目を集めています。
第43回トロント国際映画祭は9月6日(木)~9月16日(日)に開催されます。

本作は、「人類が夢に見た景色」を胸に抱き、前人未踏の”未知なるミッション”である月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで挑んだ男(ヒーロー)、アポロ11号の船長ニール・アームストロングの壮大な旅路を描く。アームストロングには、チャゼル監督と『ラ・ラ・ランド』でタッグを組み、ゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を受賞したライアン・ゴズリング。『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。監督は“若き天才”デイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

『ファースト・マン』は、ベネチア国際映画祭ではオープニング作品として選出されており、<アカデミー賞の最初の前哨戦>と呼び声の高い2つの主要映画祭に出品されていることから、今年のアカデミー賞をけん引する大きな存在として期待されます。『ラ・ラ・ランド』で世界中を魅了したデイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングという最高タッグによる最新作が、今後の賞レースにどのように絡んでいくのか引き続きご注目ください。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファースト・マン』<アカデミー賞 最初の前哨戦>ベネチア国際映画祭、オープニング上映決定!

2493_tp_00021r-1

この度、『ファースト・マン』が今年開催される第75回ベネチア国際映画祭のオープニング作品として上映されることが決定致しました!!!

ベネチア国際映画祭は、世界三大国際映画祭の一つ。その年のアカデミー賞を占う<最初の前哨戦>として注目される映画祭で、過去には、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)、『ゼロ・グラビティ』(13)、『ブラック・スワン』(11)などオスカーを賑わせた数々の作品がオープニング上映作品に選出されている。デイミアン・チャゼル監督の作品がベネチア国際映画祭のオープニングに選出されるのは2度目。チャゼル監督は、「ベネチア国際映画祭の招待を受けて恐縮しています、そして再びベネチアへ戻れることに感激しています。とりわけ月面着陸の記念日に近い日にこのニュースをお伝え出来ることにとても感動しています。この作品をこの映画祭で上映できることを本当に楽しみにしています」とコメント。『ラ・ラ・ランド』(17)では、主演のエマ・ストーンが同映画祭の最優秀女優賞を受賞したのを皮切りに、その年の映画賞を席巻、アカデミー賞では過去最多タイでノミネートされ、自身は最年少でアカデミー賞監督賞を受賞。同様に、『ファースト・マン』は早くもアカデミー賞大本命と全世界から注目を集めている。

本作は、「人類が夢に見た景色」を胸に抱き、前人未踏の”未知なるミッション”である月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで挑んだ男(ヒーロー)、アポロ11号の船長ニール・アームストロングの壮大な旅路を描く。アームストロングには、チャゼル監督と『ラ・ラ・ランド』でタッグを組み、ゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を受賞したライアン・ゴズリング。『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。監督は“若き天才”デイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

第75回ベネチア国際映画祭は8月29日(水)~9月8日(土)に開催、審査委員長には昨年同映画祭で金獅子賞、アカデミー賞では作品賞ほかを受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』監督のギレルモ・デル・トロが務める。

『ラ・ラ・ランド』で世界中を魅了したデイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングの最高タッグによって新たに描き出される最新作と今後の賞レースの行方にも是非ご注目ください!!

※月面着陸の日(7月20日)
======================================

『ファースト・マン』公式サイト
『ファースト・マン』公式Twitter
『ファースト・マン』公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファースト・マン』2019年2月日本公開決定!『ラ・ラ・ランド』の監督&主演が贈る“未知なるミッション”「人類が夢見た景色」を抱き、人生を捧げ命がけで挑んだ男(ヒーロー)の壮大な旅路。特報映像解禁!

2493_tp_00021r-1

アカデミー賞を席巻した『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)。
日本公開は人類が月面着陸を果たした1969年から50周年のメモリアルイヤーとなる2019年2月に決定!さらに、着陸を果たした世界的な記念日の7月20日(金)に待望の特報映像が初解禁となりました。

【注目ポイント①】人類の夢であり、未来を切り開いた月面着陸計画。史上最も危険なミッションを成功に導いた、アポロ11号船長アームストロングの視点で壮大なスケールで描く

“That’s one small step for (a) man, one giant leap for mankind. (「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」)”。史上最も危険なミッション、月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導き、前出の名言を残した男(ヒーロー)、アポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を壮大なスケールで描く『ファースト・マン』(日本公開2019年2月決定)の特報映像が解禁となった。原作は、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファーストマン」。アームストロングには、『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞ライアン・ゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイがアームストロングの妻ジャネットを演じる。監督は最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。さらにアカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガーが脚本を務める。

【注目ポイント②】最新映像技術を駆使、劇場で観るとまるでアポロ11号に乗船しているような臨場感溢れる映像

特報映像には、オレンジ色に光る噴射炎とともに打ち上げられる宇宙船を一点に見つめるニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)。「最初に月を歩く、すごいな」という力強い台詞から始まる。技術の進歩が不可欠な人類初の「月面着陸」。その偉業に果敢に立ち向かう乗船員たちやNASAのプロジェクトチームの生死をかけた訓練、一方で船員の人命を犠牲してまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意をもって臨むアームストロングの姿が描かれる。ロケット発射のカウントダウンともに一般的な暖かい家庭の父親として妻や子供たちとの日常生活がフラッシュバックし複雑な心情も。アームストロングの人生をそして命をかけた月面着陸計画。人類にとっては夢であり偉大な飛躍となった壮大なミッションの真実が圧倒的な緊迫感と共に描かれる。記念すべき2019年2月に公開される本作、あなたは“アポロ11号の4人目の乗務員“となって月面着陸を体感する!

======================================

『ファースト・マン』公式サイト
『ファースト・マン』公式Twitter
『ファースト・マン』公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP