ニュース一覧

弊社メール・アドレスを偽装したメールに関して

昨今 有名企業や組織からのメールを偽装した巧妙で深刻なウイルス付きメールの拡散が確認されていますが、
弊社のメール・アドレスを偽装したメールの存在も確認されております。
それらのメールの中にはウィルス付きの添付が仕掛けられているものもあるようですので、皆様方におかれましては
心当たりのないメールの扱いにはくれぐれもご注意・ご警戒ください。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』007ファンにメリーQリスマス! Qがボンドとの複雑な関係を解説!特別映像解禁!

b25_digtal_1sheet_character_ben_jpn_r

ボンドとの関係をQが解説しちゃう特別映像を解禁!

今回解禁となったのは、ベン・ウィショーが演じるQがボンドとの関係を解説する映像。QはMI6(英国諜報部)秘密兵器開発担当主任として時に振り回されながらもボンドを支える本作に欠かせない存在で、ボンドとQのやり取りがファンの間で人気の1つ!そんなQが自身のデスクで「僕とボンドの関係は複雑だ。」と悩まし気な表情で語り始めるのだが、本編では現役を退いたはずのボンドがMI6の仲間であるマネーペニーとともにQを訪れ、「生きていたのか。」と再会を喜ぶシーンが収められています。

一見仲良さげに見えるが、過去に敵に狙われたボンドが『007 スカイフォール』でアストンマーチンDB5をハチの巣にしてしまったり、『007 スペクター』でQ課から改造を施したアストンマーチンDB10を無断で持ち出してローマへ行った挙句に水没させたことを忘れないかのように「軽いノリもたまにはいいがもっと慎重になって欲しい。いつも彼に振り回される。どこまでも命知らずだ。」と苦い表情で不満を吐露。そんなQの心情を表すかのようにボンドが本編で橋から飛び降りるシーンが流れ、ボンドの命知らずなダイナミックなアクションが本作でも見られることに期待がかかる映像に仕上がっています!

ボンド役引退報道を受け自らの口で本作が最後と語ったダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドや、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞し、今年度の第77回 ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で主演男優賞にノミネートされたラミ・マレックが演じる≪シリーズ史上一番“ヤバい”敵≫の姿が存在感たっぷりに収められています。ほかにも前作でボンドと恋仲になったものの本作での関係の変化に注目が集まるマドレーヌ(レア・セドゥ)、さらには『ブレードランナー 2049』(17)で演じたAI役が話題となったアナ・デ・アルマス演じる新キャラクターや、殺しのライセンスを有するコードネーム“00(ダブルオー)”を2年前から与えられているという女性エージェントラシャーナ・リンチと、シリーズお馴染みの顔ぶれから、本作の重要な鍵を握るであろう新キャラクターらの活躍にも期待が高まります。

シリーズ1作目『007ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影やダニエル版、ジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションなども見逃せない!前作『スペクター』(興収約30億円)から5年ぶりの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。日本では来年4月10日(金)から全国公開。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本版キャラクターポスター6枚一挙解禁!!特製ポストカードセット付ムビチケ前売券(カード)発売決定!

全世界注目の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の日本版キャラクターポスター6枚を一挙解禁!
さらに、抽選でボンドの愛車!?があたるキャンペーンも
特製ポストカード付ムビチケ前売券(カード)が発売決定!

今回解禁となったキャラクターポスターでは、ボンド役引退報道を受け自らの口で本作が最後と語ったダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドや、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞し、今年度の第77回 ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で主演男優賞にノミネートされたラミ・マレックが演じる≪シリーズ史上一番“ヤバい”敵≫の姿が存在感たっぷりに収められている。ほかにもMI6(英国諜報部)秘密兵器開発担当 主任として時に振り回されながらもボンドを健気に支えるQ(ベン・ウィショー)、前作でボンドと恋仲になったものの本作での関係の変化に注目が集まるマドレーヌ(レア・セドゥ)、さらには『ブレードランナー 2049』(17)で演じたAI役が話題となったアナ・デ・アルマス演じる新キャラクターや、殺しのライセンスを有するコードネーム“00(ダブルオー)”を2年前から与えられているという女性エージェント(ラシャーナ・リンチ)と、シリーズお馴染みの顔ぶれから、本作の重要な鍵を握るであろう新キャラクターまで一同揃い踏みの豪華なキャラクターポスターとなっている。

b25_digtal_1sheet_character_daniel_jpn_r b25_digtal_1sheet_character_lea_jpn_r b25_digtal_1sheet_character_rami_jpn_r
 

b25_digtal_1sheet_character_lashana_jpn_r b25_digtal_1sheet_character_ben_jpn_r b25_digtal_1sheet_character_ana_jpn_r

そして、本作のムビチケ前売券が12月20日(金)より発売開始!劇場窓口での購入特典として数量限定で特製ポストカード5枚セットがプレゼントされる。さらに、オンラインで購入された方の中から抽選で300名にボンドの愛車としてお馴染みのAston Martin DB5 のオリジナルキーチェーンをプレゼントするキャンペーンも!

postcards db5andbox

=============================================
★『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 特典付きムビチケ前売券 概要★
■販売:12月20日(金)~(一部劇場を除く)
■価格:一般券 1,400 円(税込)

ムビチケ前売券(カード)
【数量限定】特製ポストカード5枚セット付
※ムビチケ前売券(カード)1枚につきポストカードセットが1つ付きます。
※特典は数量限定です。なくなり次第、ムビチケ前売券(カード)のみの販売になります。
※特典の画像はイメージです。実際の商品デザインと異なる場合があります。

ムビチケ前売券(オンライン)
【抽選!300名様限定】オリジナルキーチェーンプレゼント
※キャンペーンの応募方法についてはムビチケのウエブサイト及び公式SNSにてお知らせ致します。
※特典の画像はイメージです。実際の商品デザインと異なる場合があります。
URL:https://mvtk.jp/Film/063552

■劇場情報はこちら

=============================================

シリーズ1作目『007ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影やダニエル版、ジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションなども見逃せない!前作『スペクター』(興収約30億円)から5年ぶりの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。日本では来年4月10日(金)から全国公開される。

■『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式サイト
■『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式Twitter
■『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本作から参戦!《ラシャーナ・リンチ&アナ・デ・アルマス》ら女性諜報部員の姿や、 ボンドが過去の敵と再び対峙し、レア・セドゥが演じる恋人との変化も!?『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ストーリーが気になるばかりの場面写真一挙解禁!!

B25_25594_R James Bond (Daniel Craig) prepares to shoot in  NO TIME TO DIE,  a DANJAQ and Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM.  ALL RIGHTS RESERVED.

全世界注目の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の場面写真を一挙に解禁!

今回解禁となった場面写真では、前作『007 スペクター』(15)で現役を退いたはずのダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドが諜報部員に戻ったかのようにスーツを着こなし、レア・セドゥが演じるマドレーヌと深刻な会話をしていると思われるシーンや、ラシャーナ・リンチが演じる2年前から殺しのライセンスを持つ00(ダブルオー)のコードネームの女性エージェントの緊迫したシーンのほか、オーベルハウザーとボンドが再び対峙するシーンや「007」シリーズお馴染みのMやマネーペニーらMI6のメンバーたち、本作から「007」シリーズに初参戦のアナ・デ・アルマスの妖艶なドレス姿など、ストーリー展開が気になるばかりの様々なカットが収められています!

B25_08653_RC2 Nomi (Lashana Lynch) is ready for action in Cuba in  NO TIME TO DIE,  a DANJAQ and Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM.  ALL RIGHTS RESERVED. B25_36645_RC2 Paloma (Ana De Armas) in Cuba in NO TIME TO DIE, a DANJAQ and Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM.  ALL RIGHTS RESERVED.

B25_16764_R James Bond (Daniel Craig) visits Blofeld (Christoph Waltz) in his prison cell in  NO TIME TO DIE,  a DANJAQ and Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM.  ALL RIGHTS RESERVED. B25_16762_RC3 James Bond (Daniel Craig) in discussion with Dr. Madeleine Swann (Léa Seydoux) in  NO TIME TO DIE,  a DANJAQ and Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM.  ALL RIGHTS RESERVED.

B25_17531_RC2 M (Ralph Fiennes), Moneypenny (Naomie Harris) and Tanner (Rory Kinnear)  in a tense moment in M’s office in  NO TIME TO DIE,  a DANJAQ and Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM.  ALL RIGHTS RESERVED. B25_25403_RC Safin (Rami Malek) in NO TIME TO DIE,  a DANJAQ and Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM.  ALL RIGHTS RESERVED.

本作では、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞するだけでなく、第77回 ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で主演男優賞にノミネートされたラミ・マレックが演じる≪シリーズ史上一番“ヤバい”敵≫の存在も話題となっており、本作のさらなる続報に期待が高まります。

さらに、シリーズ1作目『007ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影やダニエル版、ジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションなども見逃せません!前作『スペクター』(興収約30億円)から5年ぶりの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。日本では来年4月10日(金)から全国公開。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』全世界待望 007シリーズ最新作 ≪ダニエル・クレイグ≫ 最後!?のボンド、有終の美を飾る!? ≪ラミ・マレック≫演じるシリーズ史上“最も危険な悪役”がヴェールを脱ぐ!

B25_25594_R James Bond (Daniel Craig) prepares to shoot in NO TIME TO DIE, a DANJAQ and Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

このたび、全世界待望の「007」シリーズ25作目で、前作『007 スペクター』から実に5年ぶり最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、2020年4月10日(金)から全国公開されることが決定。あわせて、本作初となる待望の予告編映像が≪全世界で解禁≫!

本作は前作から引き続きジェームズ・ボンド役はダニエル・クレイグが務めます。製作陣からは「007」シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督は新たに日系人で、ドラマ『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のキャリー・フクナガ監督。さらに2019年に『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックが悪役として抜擢されたことが発表され大きな話題を呼びました。加えて、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、ダーヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズらシリーズ続投の出演者に加え、フレッシュな顔ぶれ含め豪華キャストが出演しています。

>

本作「初の映像」となる予告編映像が全世界解禁

「初の金髪ジェームズ・ボンド」としてキャスティングされたダニエル・クレイグ。本作は、彼にとって5作目であり「最後のボンド」になるかもしれないと海外で報道されている中、解禁された予告映像には、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが演じる≪シリーズ史上一番“ヤバい”敵≫の姿が!口元だけあらわになった不気味なマスクをかぶりボンドと対峙する新生ヴィランのキャラクターを想像させる一幕も。

NO TIME TO DIE

ストーリーでは、ボンドとマドレーヌ(レア・セドゥ)との疑惑の会話にも注目。さらに、シリーズ1作目『007ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影やダニエル版、ジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションなども見逃せません!一方、ラシャーナ・リンチが演じる2年前から殺しのライセンスを持つ、00(ダブルオー)のコードネームの女性エージェントが新たに登場し期待が高まる予告編に仕上がっています。前作『スペクター』(興収約30億円)から5年ぶりの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。日本では来年4月10日(金)から全国公開。

■『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式サイト
■『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式Twitter
■『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『チャイルド・プレイ』Blu-ray&DVDリリース決定!

『チャイルド・プレイ』のBlu-ray&DVDリリースが決定しました!
ホラー映画史上No.1ヒット 『IT/イット それ が見えたら、終わり。』の製作陣が贈る史上最恐の“殺人人形”登場!
もはや、怖すぎて笑えるトラウマ・トイ・ホラー! をぜひご自宅でお楽しみください!

■セルリリース日:2019/12/4
dvd_sell_cp_kesyoshi_1021_ol_m

■レンタルリリース日:2019/12/4
dvd_rental_cp_kesyoshi_1018_ol_m

※詳細情報はBlu-ray&DVDページをご覧ください。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ベン・イズ・バック』Blu-ray&DVDリリース決定!

『ベン・イズ・バック』のBlu-ray&DVDリリースが決定しました!
ジュリア・ロバーツが挑む、次々と巻き起こるノンストップ・サスペンス映画をぜひご自宅でお楽しみください!

■セルリリース日:2019/11/20
dvd_sell_jkt_m

■レンタルリリース日:2019/11/20
dvd-rental_jkt_m

※詳細情報はBlu-ray&DVDページをご覧ください。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドント・ウォーリー』Blu-ray&DVDリリース!

『ドント・ウォーリー』のBlu-ray&DVDリリースしました!
車椅子の風刺漫画家の奇跡の実話をホアキン・フェニックス、ルーニー・マーラ他豪華キャスト共演で
映画化した話題の感動作をぜひご自宅でお楽しみください!

■セルリリース日:2019/10/16
dont_DVDcase

■レンタルリリース日:2019/10/16
dont_rentalDVDcase_

※詳細情報はBlu-ray&DVDページをご覧ください。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『1917(原題)』、「Royal Film Performance」に選出! 現地時間12月4日(水)プレミア開催!

%e4%bb%ae%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞監督賞を受賞、『007スペクター』を始めダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの007シリーズをスタイリッシュに一新し、全世界を熱狂させたサム・メンデス監督による最新作『1917(原題)』。先日、本作のフィーチャレット映像が解禁され斬新且つ驚愕の撮影手法が話題を呼んだばかりですが、この度、The Film and TV Charityが企画する「Royal Film Performance」に選出され、12月にプレミアが開催されることが発表されました!

 現地時間12月4日(水)にロンドンで開催予定の「Royal Film Performance」のプレミアは、英国王室が招待される歴史があるもの。過去には『007』シリーズはもちろんのこと『タイタニック』や『ホビット 思いがけない冒険』、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』など大作が選ばれ通算70本実施されている。サム・メンデス監督作品としては2015年に実施された『007 スペクター』に続き2作品目で、さらに本プレミアはワールドプレミアとしても上映される予定です。

「Royal Film Performance」に選出されたことについて、サム・メンデス(監督/脚本/製作)は「『1917(原題)』のワールドプレミアが故郷であるロンドンで、The Film and TV Charityの支援のために行われることをとても嬉しく思います。この作品は、英国の映画業界に携わる有能な職人たちの技術とたゆまぬ献身なくして完成させることはできませんでした。本作は、私自身にとって非常に個人的な思い入れのある作品であり、「Royal Film Performance」に選出されたことを光栄に思います。」とコメントしました。一方、主催のThe Film and TV CharityのCEO、アレックス・パンプリーも「英国で撮影され、数百人ものあらゆる分野の技術を持った熟練の職人を採用した『1917(原題)』を通し、サム・メンデス監督ほか携わった関係者が、この類いまれな業界に光を当てる機会を選んだことは実に素晴らしいことです。」 と述べました。

『1917(原題)』は、若きイギリス兵スコフィールドとブレイクの2人が、兄も所属し最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、一刻も早く重要な伝令を届けるため、様々な危険が待ち受ける敵の陣地に身を投じ、駆け抜け、立ち向かう物語。若きイギリス兵には、ジョージ・マッケイ(『はじまりへの旅』)、ディーン・チャールズ=チャップマン(「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)のフレッシュな英国俳優を起用し、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングらイギリスを代表する実力派俳優が脇を固めます。アカデミー賞受賞キャストとスタッフが結集した本作、日本では2020年2月に全国公開。

■『1917(原題)』 公式サイト
■『1917(原題)』公式Twitter
■『1917(原題)』公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アカデミー賞受賞監督 サム・メンデス最新作『1917(原題)』最新映像解禁&2020年2月公開決定!

『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞監督賞を受賞、『007スペクター』を始めダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの007シリーズをスタイリッシュに一新し、全世界を熱狂させたサム・メンデス監督による最新作『1917(原題)』公開に先駆け、本作に驚愕の撮影手法が使われている内容のフィーチャレットが解禁されました。さらに、2020年2月に全国公開されることが決定!

『1917(原題)』は、第一次世界大戦の”若きイギリス兵のある一日”を壮大なスケールと深いドラマで、且つリアルタイムで描きます。

解禁されたフィーチャレットでは、兵士たちの動き、さらに息づかい一つ一つを観客に体感してもらい、究極の没入感へ導くために敢行された驚愕の撮影について、サム・メンデス監督が、「撮影にはこの辺をカットしよう、あのシーンをなくそうなどの編集という魔法の切り札があるが、本作ではできない」ため「長回しの撮影にすべきと考え」その苦労を語りました。アカデミー賞撮影賞受賞のロジャー・ディーキンス、主演ジョージ・マッケイディーン・チャールズ=チャップマンらからは、驚くべきことに屋外で順撮りされたため、「天候によって撮影が左右される」ことや「カメラを俳優のアクションにぴたりと合わせるため、また長回しにより照明を置くことができないこと」、さらにリアルタイムで描くため「映像に一貫性を持たせる必要があり、天候待ち」をしたなどの苦労が語られ、監督は「撮影がいかに困難だったか、その苦労と努力が映像全てに集約されている。」とコメントしています。

さらに、サム・メンデス監督は、10月3日(木)(現地時間)に実施されたNYコミコンに登壇し、「完璧に途切れなく物語を描くために、全てにおいて秒単位まで計算されるなど緻密な調整をした」。そのため、特にリハーサルについて「今までの過去のどの作品よりも時間を費やした」「自身のキャリアにおいて、最もエキサイティングな仕事だった」と大きな自信を覗かせました。

本作は、若きイギリス兵スコフィールドとブレイクの2人の兵士が危険待ち受ける敵の陣地を抜け、進軍する仲間と兄弟が所属する1600人の友軍兵士たちの命を救うべく、一刻も早く「作戦中止」の重要な伝令するために立ち向かう物語。若きイギリス兵には、ジョージ・マッケイ(『マローボーン家の掟』)、ディーン・チャールズ=チャップマン(「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)のフレッシュな英国俳優を起用し、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングらイギリスを代表する実力派俳優が脇を固める。アカデミー賞受賞キャストとスタッフが結集した本作、日本では2020年2月に全国公開されます。

■『1917(原題)』 公式サイト
■『1917(原題)』公式Twitter
■『1917(原題)』公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月5日は“ジェームズ・ボンドの日” 最新ビジュアル解禁と邦題決定!シリーズ最新作 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 

nttd_digital4x5_intlteaser_jpn

10月5日は全世界的な「ジェームズ・ボンドの日」(Global James Bond Day)。1962年にイギリス・ロンドンで『007/ドクター・ノオ』が公開された日を記念して制定されました。
そしてこの度、「ジェームズ・ボンドの日」のために最新ビジュアルのオンライン用ティザーポスターを全世界で一斉解禁、さらに邦題も決定致しました!

この最新ビジュアルはジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがボンドの代名詞とも言えるタキシードといういで立ちで何かを見つめる姿が収められており、決定した邦題も記載されています。

全世界がシリーズ最新作を熱望する『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、前作から引き続きジェームズ・ボンド役の主演ダニエル・クレイグ、キャリー・フクナガ監督、製作陣からは「007」シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。2019年に『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でアカデミー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックが悪役として抜擢されることが発表され大きな話題を呼びました。さらに、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、ダーヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズらシリーズ続投の出演者に加え、フレッシュな顔ぶれ含め豪華キャストが出演します。

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じたシリーズ『007/カジノ・ロワイヤル』(06)、『007/慰めの報酬』(08)、『007/スカイフォール』(12)、『007 スペクター』(15)は全世界で累計31億ドルを収め、『007/スカイフォール』(11億ドル)と『007 スペクター』(8.8億ドル)はシリーズ史上、最高成績を記録しました。

本作は、『007 スペクター』から5年ぶりの最新作で、海外ではご当地イギリスが2020年4月3日(金)に公開されるのを皮切りにアメリカでは4月8日(水)、日本では2020年4月から全国公開されます。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP