ニュース一覧

弊社メール・アドレスを偽装したメールに関して

昨今 有名企業や組織からのメールを偽装した巧妙で深刻なウイルス付きメールの拡散が確認されていますが、
弊社のメール・アドレスを偽装したメールの存在も確認されております。
それらのメールの中にはウィルス付きの添付が仕掛けられているものもあるようですので、皆様方におかれましては
心当たりのないメールの扱いにはくれぐれもご注意・ご警戒ください。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月11日(金)公開『Mr.ノーバディ』日本版ポスター完成! “何者でもない”ただのオヤジが、ただ者でなかったら? 日本版予告映像も解禁!

日本版ポスター&日本版予告映像が完成いたしました!

 

「火曜日、ゴミ当番。愛車は路線バス」と退屈なルーティンを日々繰り返す“何者でもない”主人公のハッチが、顔一面に名誉の負傷を追いながら鋭い目線でこちらを睨みつける鮮烈な仕上がりの日本版ポスター。妻や息子からも相手にされないダメな父親で、一切コトを荒立てることなく何かに歯向かうこともない、ひたすらに地味で目立たないただの中年男だったハッチが、こんなにもワイルドに変貌してしまうほどの激しい展開を予感させる!

 

 

合わせて完成した日本版予告でも、家族にも隣人にも街のチンピラにもナメられまくるハッチが、ついに積年のストレスを爆発させた瞬間、有名アクションヒーローたちも顔負けの暴れっぷりで向かってくる敵をひたすらブチのめしまくる姿が映し出されており、路線バスでの乱闘が盛大にエスカレートしていくこの男の物語の行く末と、センセーショナルな痛快アクションに期待が高まるばかりだ。

冴えない中年男の主人公を演じたボブ・オデンカークは、プロデューサーとしてもこの作品に参画。従来このような映画では、悪者が自分よりもタフな“間違った男”に手を出してしまったことが発端となることが通例だったが、本作でボブが描こうとしたアイデアは、悪者が本来反撃なんてするはずのない“正解の男”に手を出したとしたら?というもの。

ボブは「これまでにやったことのないような映画にしたいと思っていた。ハリウッドをよく知っている人なら、『Mr.ノーバディ』のような個性的な映画が作られる可能性が低いことを知っているだろう。最初から自分でスタントをやりたいと思っていたし、現代の最高のアクション俳優とまではいかなくても、それに匹敵するスタントをやりたいと思っていた」と振り返っている。

「ジョン・ウィック」シリーズの脚本家&製作陣が次に選んだ新たな主人公“ただのオヤジ”による、かつて見たことのないド派手なキレっぷりをぜひ劇場で目撃してほしい。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』 が“ぶっ飛ぶ夏”を連れてくる!! 日本公開日が8月6日(金) に決定!! 規格外 新予告&ポスタービジュアル到着!!

全世界累計興収5000億円を突破という規格外の人気を誇り、常識に囚われず度肝を抜くアクションを繰り広げ、映画史を代表する一大シリーズの1つとなった”ワイスピ”の最新作、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の日本公開日が8月6日(金)に決定!ついに、ファミリーたちの世界中を巻き込む新たな戦いの幕が開きます!


予告の最後では、輸送機に乗せられたロケットエンジン小型車が空高く発射され、ワイスピの戦いの舞台は遂に、空をもぶち抜きさらに高くジェットブレイク!?ぶっ飛びの向こう側へ皆様をお連れすること間違いなし!

さらに、日本版ポスタービジュアルも解禁!

ド派手な煙を立ち昇らせながらそれぞれが決意の表情を浮かべる、激アツの日本版ポスタービジュアルは、お馴染みのファミリーたちが再集結した姿が描かれたデザイン。それぞれの愛車と共に鋭く向けられた視線は、再びファミリー一丸となって新たな敵に立ち向かう強い覚悟と共に、いざ再び戦いの狼煙を上げるインパクト満天な仕上がり!世界中を駆け巡る物語のなかで、懐かしい顔ぶれが再集結したり、かつての敵が再び現れたりと、衝撃の展開が待ち受けている。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Mr.ノーバディ』 6月11日(金)日本公開&邦題決定! どこにでもいるただのオヤジが、ド派手にキレる! この男、何者(NOBODY)!? 予告映像も解禁!

「ジョン・ウィック」シリーズ脚本家がストレス社会に捧げる、
痛快!ハードボイルド・アクション誕生!!!
『Mr.ノーバディ』
6月11日(金)日本公開&邦題決定!
どこにでもいるただのオヤジが、ド派手にキレる!
この男、何者(NOBODY)!? 予告映像も解禁!

映画『NOBODY(原題)』が、邦題『Mr.ノーバディ』として、
6月11日(金)より東宝東和配給で日本公開することが決定!
インターナショナル版の予告映像も解禁!

ジョン・ウィックの製作陣がストレス社会に捧ぐ、ハードボイルド・アクション!
キアヌ・リーヴスの大ヒットアクション『ジョン・ウィック』の脚本家デレク・コルスタッドと製作のデビッド・リーチがタッグ!監督に全編一人称視点映画『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラーを迎え、エミー賞主演男優賞に4回もノミネートされた「ベター・コール・ソウル」でソウル・グッドマンを演じるボブ・オデンカーク、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の”ドク”ことクリストファー・ロイドと100の顔を持つと言われる名優『トップガン』のマイケル・アイアンサイドの共演と、映画通は見逃せない今年の掘り出しものの1本!

 

何者でもない奴を、甘くみてはいけない。
主人公のハッチ(ボブ・オデンカーク)は、郊外にある自宅と職場の金型工場を路線バスで往復するルーティンで退屈な毎日を送っている。外見は地味で、目立った特徴もない。この世の理不尽なことを全身で受け止め、決して歯向かうことはない。世間から見れば、どこにでも居る何者でもない(NOBODY)、ただの男だ。自宅に2人組の強盗が侵入したときも、これ以上事態を悪化させないために、抵抗せず、黙って見過ごした。そんな威厳のない振る舞いに妻には距離を置かれ、息子からもリスペクトされることはない。ある日、ハッチが乗ったバスにジャックを試みるチンピラが乗り込んで来る。若い女性を獲物にし、「ジジイ」呼ばわりされたことで、ハッチは遂にブチ切れ大乱闘となる。この一件はその後、ロシアンマフィアへとつながり、銃撃戦、カーチェイスと派手にエスカレートしていくのだった…。『ジョン・ウィック』ファン必見のハードボイルド・アクション!

=================================

<『Mr.ノーバディ』 ムビチケ前売券情報 >
■販売:3月26日(金)~(一部劇場を除く)
■価格: 1,500 円(税込)

ムビチケ販売サイトはこちら

【概要】
監督:イリヤ・ナイシュラー『ハードコア』
脚本:デレク・コルスタッド「ジョン・ウィック」シリーズ
出演: ボブ・オデンカーク、コニー・ニールセン、RZA、マイケル・アイアンサイド、クリストファー・ロイド
配給:東宝東和
原題:NOBODY
コピーライト:© 2021 Universal Pictures

 

■『Mr.ノーバディ』 公式Twitter
■「ユニバーサル・ピクチャーズ」 公式Instagram 公式Facebook

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『ミニオンズ フィーバー』公開延期のお知らせ

2021年夏に全国公開を予定しておりました『ミニオンズ フィーバー』につきまして、
この度、ユニバーサル・ピクチャーズより全世界での公開延期が発表されました。

この発表を受け、国内におきましては現在、2022年の公開に向けて調整を進めております。

新たな公開日が決定次第、『ミニオンズ フィーバー』公式サイト他にて速やかにお知らせ致します。

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『ザ・スイッチ』新公開日決定のお知らせ

この度、日本公開が延期となっておりました映画『ザ・スイッチ』につきまして、改めて4月9日(金)より全国公開されることが決定いたしました。

『透明人間』(20)、『アス』(19)、『ゲット・アウト』(17)など低予算ながら全米No.1ヒット作品や高品質で新感覚の作品を次々生み出し、ハリウッドを席巻する製作会社ブラムハウス・プロダクションを牽引するジェイソン・ブラムと『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督の強力タッグによる最新作。

放送映画批評家協会が主催するスーパーヒーロー、SF/ファンタジー、ホラー、アクション、アニメーションほか、熱狂的ファンに最も支持されるジャンル作品に贈られる賞、第一回Critics Choice Super Awardsでは、ヴィンス・ヴォーンがホラー映画部門最優秀男優賞を受賞しました!

“入れ替わり”を題材にした誰もが未体験のボディスイッチホラーにご期待ください。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 公開延期のお知らせ

この度、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』につきまして、MGM、ユニバーサル並びに本作のプロデューサーである
マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリにより、2021年10月8日(金)に世界の公開日を延期するとの発表がありました。

なお、日本の公開日は現段階では未定です。決定次第、改めてお知らせ致します。

お買い上げいただきました前売券につきましては、延期致しました後の公開でもご使用いただけますので、そのままお持ちください。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『ザ・スイッチ』 公開延期のお知らせ

この度、2021年1月15日(金)より公開を予定しておりました『ザ・スイッチ』につきまして、新型コロナウイルスの感染状況ならびに緊急事態宣言の影響を配慮し、公開日を延期することを決定いたしましたことをお知らせいたします。

新たな公開日につきましては、決定次第、改めてお知らせ致します。

お買い上げいただきました前売券につきましては、延期致しました後の公開でもご使用いただけますので、そのままお持ちください。

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前代未聞の”未体験!入れ替わり(ボディスイッチ)ホラー” コロナ渦で2週連続全米NO.1! さらに、Critics Choice Super Awards 4部門にノミネーション!!!!

“13日の金曜日”に全米公開された『ザ・スイッチ』
気弱で冴えない女子高生と中年男の連続殺人鬼のふたりが史上最悪の入れ替わり・・・
ホラーの帝王スティーヴン・キングが「ヴィンス・ヴォーンはアカデミー賞もの!」と大絶賛

ハリウッドのホラー界を席巻する製作会社ブラムハウス・プロダクションズ率いる、ジェイソン・ブラム製作、『ハッピー・デス・デイ』シリーズ監督、クリストファー・ランドンの強力タッグの最新作、『ザ・スイッチ』(21年1月15日(金)全国公開)が、北米で、ホラー界では最も意味のある日付、11月13日(金)から公開され、今週は128万ドル稼ぎ、累計はインターナショナルふくめて930万ドルに到達、二週連続の全米初登場NO.1を飾った。(BOX Office Mojo調べ)。

先週からさらに、北米ではコロナの状況が深刻となったが、本作は大検討し、ロッテントマトでは、トマトメーターが84%フレッシュ、オーディエンススコアが81%と公開二週目でも依然高評価を保っている。(Rotten Tomatoes/2020年11月24日16時現在)。さらに、北米で活躍する放送映画批評家協会が主催する第一回Critics Choice Super Awards4部門にノミネーションされました! 本賞は、今年新設されたばかりの賞で、スーパーヒーロー、SF/ファンタジー、ホラー、アクション、アニメーションほか、熱狂的ファンに最も支持されるジャンル作品に贈られる賞で、受賞式は現地時間2021年1月10日(日)に行われる。

【第1回Critics Choice Super Awards】
——————————————————————————————————————————————————————
★BEST HORROR MOVIE(最優秀ホラー映画賞): 『ザ・スイッチ』
★BEST ACTOR IN A HORROR MOVIE (ホラー映画部門最優秀男優賞):ヴィンス・ヴォーン
★BEST ACTRESS IN A HORROR MOVIE(ホラー映画部門最優秀女優賞):キャスリン・ニュートン
★BEST VILLAIN IN A MOVIE (最優秀悪役賞):キャスリン・ニュートン

——————————————————————————————————————————————————————

■『ザ・スイッチ』 公式サイト
■「ユニバーサル・ホラー」 公式Twitter
■「ユニバーサル・ホラー」 公式Youtubeチャンネル

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前代未聞の”未体験!入れ替わり(ボディスイッチ)ホラー”で全米初登場NO.1発進!&地味目JKが連続殺人鬼に劇的ビフォーアフター!?新場面写真解禁!!

“13日の金曜日”、全米が『ザ・スイッチ』で大盛り上がり!
気弱で冴えない女子高生と中年男の連続殺人鬼のふたりが史上最悪の入れ替わり・・・
ホラーの帝王スティーヴン・キングが「ヴィンス・ヴォーンはアカデミー賞もの!」と大絶賛

ハリウッドのホラー界を席巻する製作会社ブラムハウス・プロダクションズ率いる、ジェイソン・ブラム製作、『ハッピー・デス・デイ』シリーズ監督、クリストファー・ランドンの強力タッグの最新作、『ザ・スイッチ』(21年1月15日(金)全国公開)が、北米で、ホラー界では最も意味のある日付、11月13日(金)に2,472館で公開され、371万ドルを稼ぎ、全米初登場NO.1スタートした(BOX Office Mojo調べ)。このタッグ作品では、『ハッピー・デス・デイ』(17)に続き2本目の全米NO.1獲得となった。

北米ではコロナの深刻な影響により客足が伸び悩んでいることや、営業されていない劇場もある中、本作は健闘をみせ、ロッテントマトでは、トマトメーターが85%フレッシュ、オーディエンススコアが82%と共に高評価を獲得している(Rotten Tomatoes/2020年11月16日19時00分現在)。ホラーの帝王、スティーヴン・キングも予告編だけで「(主演の)ヴィンス・ヴォーンはアカデミー賞もの!クソ素晴らしい!」と大絶賛。本年度のシッチェス・カタロニア国際映画祭などでも、「ホラーとユーモアが絶妙なバランスで地獄のように楽しい時間」と話題を呼んだ。

また、全米No.1&大絶賛スタートを記念し、
入れ替わりで劇的ビフォーアフター!?な新場面写真を一挙に解禁!

このたび解禁されたのは、女子高生のミリー(キャスリン・ニュートン)と連続殺人鬼のブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)が入れ替わってしまうことで、劇的な変身を遂げる二人のビフォーアフターが切り取られた場面写真の数々。親友のナイラ(セレステ・オコナー)とジョシュ(ミーシャ・オシェロヴィッチ)と過ごす時間を唯一の楽しみに、地味で冴えないスクールライフを送るミリーだったが、ある夜、連続殺人鬼と入れ替わってしまう!見た目は中年男、中身は女子高生となったミリーがかわいらしい仕草でクラスメイトと会話したり、親友二人と自分の身体を取り戻そうとブッチャーを探す一方で、見た目はJK、中身は殺人鬼のブッチャーは鮮やかな赤いレザージャケットをクールに着こなし、メイクもバッチリ決めて、クラスメイトも激変ぶりに驚くほどのイケてる女子に大変身!さらには『悪魔のいけにえ』(74)を彷彿とさせるようなチェーンソーを構えて鬼気迫る表情を見せる姿などを見て取ることができ、ホラー要素はもちろん、『ハッピー・デス・デイ』シリーズでも見事な手腕を披露したランドン監督ならではの演出にも期待を高めずにはいられない!

■『ザ・スイッチ』 公式サイト
■「ユニバーサル・ホラー」 公式Twitter
■「ユニバーサル・ホラー」 公式Youtubeチャンネル

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラムハウス製作の未体験!入れ替わり(ボディスイッチ)ホラー『ザ・スイッチ』2021年1月15日(金)全国公開&邦題決定!ポスター&特報映像解禁!!

本日は13日の金曜日
体験したことのない「何か」が起こる・・・!
『ハッピー・デス・デイ』シリーズ監督、ブラムハウス製作の
未体験!入れ替わり(ボディスイッチ)ホラー『ザ・スイッチ』
2021年1月15日(金)全国公開&邦題決定!ポスター&特報映像解禁!!

製作会社ブラムハウス・プロダクションズがおくる“未体験!入れ替わりホラー” 『Freaky』(原題)が邦題を『ザ・スイッチ』として2021年1月15日(金)より全国公開することが決定、公開に先立ちポスタービジュアルと特報映像が解禁されました。全米公開する11月13日は奇しくも「13日の金曜日」。ホラー映画界において最も意味のある日に、ブラムハウスの新境地“ボディスイッチホラー”がお目見えします。

本作は『透明人間』(20)、『アス』(19)、『ゲット・アウト』(17)など低予算ながら全米No.1ヒット作品や高品質で新感覚の作品を次々生み出し、ハリウッドを席巻する製作会社ブラムハウス・プロダクションを牽引するジェイソン・ブラムと『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督の強力タッグによる最新作。
“入れ替わり”を題材にした誰もが未体験のボディスイッチホラーは、ホラーの帝王スティーヴン・キングが「クソ素晴らしい!」と大絶賛。シッチェス・カタロニア国際映画祭をはじめ、海外でも「ホラーとユーモアが絶妙なバランスで地獄のように楽しい時間」と話題を呼んでいる。

この度、解禁されたポスタービジュアルには、気弱な女子高生に似つかわしくない表情でチェーンソーを構えるミリーと、ピンク色のカバーのついたスマホを胸にあて、不安そうな表情の連続殺人鬼ブッチャーの姿が。「史上最悪の入れ替わり」を如実に表現した不穏さが漂うポスターが到着した。

合わせて、特報も到着。地味で退屈な高校生活を過ごしていた女子高生のミリーは、ある日の夜、連続殺人鬼ブッチャーに襲われ殺されてしまう…はずが、身体が入れ替わってしまった!13日の金曜日中に入れ替わりを解かなければ一生元の姿に戻ることはできない状況の中、女子高生の姿で手当たり次第に殺戮する殺人鬼から自身の身体を取り戻せるのか・・・!?連続殺人鬼の身体で「私の身体を返して」とすごむミリーと、「やってみな」と血まみれの女子高生の身体でチェーンソーを操るブッチャーの対決で終わる本映像は、壮絶な戦いを予感させる映像となっている。

出演は気弱で冴えない女子高生ミリーに『名探偵ピカチュウ』(19)、『スリー・ビルボード』(17)の次世代トップ女優キャスリン・ニュートン。手当たり次第に殺戮を企てる連続殺人鬼をパワフル、かつ、妖艶に演じる。一方、指名手配されている連続殺人犯ブッチャーには『ドッジボール』(04)や『サイコ』(98)で知られる演技派俳優のヴィンス・ヴォーンが。自らの身体を取り戻すために奮闘する女子高生を愛すべきキャラクターとしてポップに演じている。そのほか、ミリーの親友でしっかり者のナイラをセレステ・オコナー(「ゴーストバスターズ/アフターライフ」(21))が、ジョシュをミーシャ・オシェロヴィッチ (「ザ・ゴールドフィンチ」(19・未))が演じ、親友の体を取り戻すべくミリーとともに奮闘する。

また、本日「13日の金曜日」にユニバーサル・ピクチャーズのホラー総合アカウント「ユニバーサル・ホラー公式」( TwitterYoutubeチャンネル )が開設。本作はもちろんのこと、ユニバーサル・ホラー作品の怖くて楽しい最新情報を発信していく。

=====================================
<映画『ザ・スイッチ』作品情報>
■ストーリー:
女子高生のミリー(キャスリン・ニュートン)は、今日も憂鬱な一日をやり過ごそうとしていた。家では夫と死別した悲しみを紛らわすかのようにアルコールに溺れる母と、警察官の姉の板挟み。学校では、嫌がらせのターゲットにされ、我慢を強いられる日々。親友のナイラ、ジョシュと過ごす時間が、わずかな慰めだった。その日の夜、アメフトの応援後に無人のグランドで、母の迎えを待っていたミリーに、邪悪な影が忍び寄る。連続殺人鬼ブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)が、鳴り響く雷鳴とともに短剣を突き刺したとき、異変が起こる。ふたりは入れ替わってしまったのだ。
24時間以内に入れ替わりを解除しなければ一生元の身体に戻れない状況の中、殺戮を企てるブッチャーからミリーは身体を取り戻すことはできるのか? 女子高生と連続殺人鬼がぶつかり合う、長い長い夜が幕を開けようとしていた……。

■作品概要:
監督:クリストファー・ランドン
製作:ジェイソン・ブラムほか
出演:ヴィンス・ヴォーン、キャスリン・ニュートン、アラン・ラックほか
配給:東宝東和
原題:Freaky
全米公開:2020年11月13日(金)
コピーライト:© 2020 UNIVERSAL STUDIOS
=====================================

■『ザ・スイッチ』 公式サイト
■「ユニバーサル・ホラー」 公式Twitter
■「ユニバーサル・ホラー」 公式Youtubeチャンネル

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP